賃貸マンションの在り方研究-京都で事業が可能な賃貸マンションはsoho烏丸へ

sohoオフィスなら京都のオフィス街にあるSOHO烏丸をどうぞ!住まいは京都烏丸。夢のような暮らしが実現します!通勤0分。京都に唯一無二の空間。SOHO烏丸

賃貸マンションと地域の関わり方について考える

情報

 

関東から転居して京都の賃貸マンションにお住まいになっている方にお会いしたら、地域の情報が全く入ってこず、近隣と一切付き合いが無いと残念がっておられるのを知り思い出しました。

管理人が前に住んでいた京都市上京区のとある住宅街には、町内に新しいマンションが2棟建っていました。その内1棟は町内会には関心が無いとのことで、町会費も納めていませんでした。もう1棟は町会費は払うが町内会に関わる気は無いので、役員などは出せないとのことでした。京都の町内会の単位は小さなもので、その町も戸建てが30軒ほどとマンションしかありませんから、町会費全体のほぼ半分をそのマンション1棟の住民が支払っていました。

しかし、自治体の情報も地蔵盆の御下がりも必要無いとのことで、マンションと町内の関りは全くありませんでした。恐らく留守宅が多いそのマンションの管理会社は、各戸に物を配布したり、月に何度も配られる回覧板の情報をこまめに貼り替えたりするのが面倒だったのだと思います。こうした理由から賃貸マンションに居住すると、地域の情報は入手し辛くなるのだと思います。

 

 SOHO烏丸では町内会費は共益費から納め、橋弁慶町町内会、明倫自治会、祇園祭の橋弁慶山保存会に加入しています。毎月届けられる京都市の市民しんぶんと中京区の中京しんぶんは各戸のポストに配布し、明倫自治会や橋弁慶山保存会からのご案内などは配布もしくはマンション1階の掲示板に掲示しています。さらに、敬老の催しや成人式のご案内などは該当者に直接お知らせしております。

入居者の方々は自治会主催の防災訓練、運動会、バーベキュー大会、盆踊り大会、ボーリング大会などにも参加出来、実際に何名かはこうした行事に参加されています。また、祇園祭にも毎年奉仕していただける入居者の方々がいらっしゃり、袴姿で祇園祭巡行にも参加されています。こうした方々に伝統ある祭を支えていただけるのは有難いことです。

 

 京都は地震などの災害は少ない地域ですが、今後も起きないという保証はありません。もし何か災害が発生した時、避難情報、救援物資などの情報は自治体から入って来ます。賃貸マンションであっても、きちんと自治会に加入していれば、有事の際に安心だと思います。しかし、賃貸マンションには管理人が常駐しているケースが稀であることもあり、地域情報をきちんと伝えているマンションは少ない様です。

SOHO烏丸は地域に根差したマンションを目指していますので、回覧されてくる情報は住民の方々にお伝えし、イベントなどの案内もかかさず、入居者に参加を促しています。ただし、強制的に参加を強いる様なことはありません。現代の賃貸マンションとして、SOHO烏丸は緩く、しかし着実に地域コミュニティーと関わるマンションを目指しております。

 

SOHO烏丸入居者アンケートの結果について

SOHO烏丸は縁あってご入居いただいた皆さまに、快適に永くお住まいいただきたいと願っております。

入居者のお声を伺うため、この度入居者アンケートを実施致しました。その結果の一部についてお知らせ致します。

1.エレベーターの居住階コントロールについて

来客や宅配業者がエレベーターに乗れずに困ったことがあり、エントランス解除から乗り込みまでの時間を長くしてほしいとの要望はありましたが、主に防犯上の理由で3分の2の方が必要と回答されました。エントランスのオートロックだけでは部外者の共連れの阻止は難しいですが、マンション内に入った不審者が居住階に上がれないことにご安心いただいている様です。また、入居者の方がエントランスで鍵をかざされますと、エレベーターは連動して1階に降りてくる設定になっており、待ち時間はほとんどありません。

2.1階の共用スペースについて

打ち合わせ卓を必要と回答される方が一番多く、ご自分の部屋にはあげたくない来客の対応や、大勢の方との打ち合わせに便利にお使いいただいている様です。毎日の新聞設置や無料のWi-Fiも、不在が多い方や新入居の方には便利と感じていただける様ですので、現状のままとします。新規のサービスとしては飲み物の自動販売機を置いて欲しいとのご意見を多く賜りました。以前は見送りましたが、今後屋外設置も含め、再検討致します。

3.エントランスの生け花について

3分の2以上の方が「なるべく生花を飾って欲しい」と回答され、「毎回楽しみにしている」とのお声も多く頂戴しました。今後も夏期以外は生花を飾って参ります。

4.カーシェアと来客用駐車場について

カーシェアは利用されている方が2名だけで、あまり入居者メリットが無い様ですので、サービスの見直しを検討致します。

来客用駐車場はダブルブッキングされたことのある方々が何名もいらっしゃり、大変ご迷惑をお掛けしたと反省しております。ネットでの予約などもご提案いただきましたが、今後改善策を検討して参ります。

5.清掃について

ご回答いただいた方全員が「清掃は行き届いている」と評価して下さいました。今後も清掃レベルの維持に努めて参ります。

6.管理人の設置について

「どちらでもよい」との回答が多かったのですが、管理人がいることで駐車場のダブルブッキングなどの問題に対処しやすいのではと思われ、設置の方向で検討しています。

7.SOHO烏丸入居者交流会について

多くの方が参加の意向を示されましたので、今後、何らかの交流会を企画したいと思います。

8. 祇園祭の参加について

祭には「参加したいが、忙しいので難しい」という回答が最多でした。山建てや巡行など男性のみ参加の行事も多いですが、女性にも参加していただける宵山当番などをお願い出来ないかと考えております。初年度に実施した橋弁慶町の町家の見学会なども再度実施予定です。

竣工から3年、まだまだSOHO烏丸の特色を打ち出せていないと感じております。今後、交流会や祇園祭などの行事を通して、ほど良い距離感を持った近所付き合いのできるマンションにしていきたいと思います。清掃などの管理も、いただいたお褒めの言葉を励みにより行き届いた管理を目指して参ります。

マンション仕様とは

先月の日経新聞に「貧弱な賃貸住宅の設備仕様 先進国では日本だけ」という記事が出ていました。先月の日経新聞に「貧弱な賃貸住宅の設備仕様 先進国では日本だけ」という記事が出ていました。

日本ではキッチンなどの設備機器に持家よりグレードの低い「賃貸仕様」が存在しますが、こうした「賃貸仕様」があるのは先進国では日本だけなのだそうです。

SOHO烏丸の建築中に設計していただいた方々、建築に携わる方々、設備の購入にあたっていただいた方々がにことあるごとに口された「ここは分譲仕様ですから」という言葉。サンプルを見てもワクワクする様な仕様ですが、何故こうした仕様が一般的ではないのか何となくわかってきました。それはいざ賃料査定という時になると広さだけが問題になって、仕様はあまり考慮されないという事情があるからです。

でも4年間しか住まず、基本的に親のすねかじりの学生マンションならともかく、新婚時代を暮らす家や大事な子供が育つ家や創業期に仕事をする家が、貧しい仕様だったらやっぱり悲しい。そう考える方々のために、このSOHO烏丸は存在します。

大手デベロッパーの中には分譲仕様の賃貸を建築される所もあります。ただし、東京と比べると京都では限られた事例となります。またそうした分譲仕様の中には、全戸同じ仕様というマンションが存在します。全戸共通の壁紙や住宅設備を導入すれば、建築コストも下がるしその後のメンテナンスも楽になるからです。

でも、遊びに行ったお隣さんの部屋が自分の家と全く同じフローリング、壁紙、キッチン設備だったらいやじゃありませんか?きっとそういう住宅はマンションの住人同士が親しくなることを想定していないのだと思います。とはいえ何年も暮らす家だったら、ある程度の近所付き合いはしたいものです。マンションでよく起きるのが騒音問題ですが、上の階の住人と親しくなってどういう人かを知っていると、あまり音が気にならなくなったりするのだそうです。

SOHO烏丸では住戸の間取りプランは13タイプ、そのそれぞれに基本4タイプのフローリング・壁紙や建具のカラー、さらにはそれぞれ10種類以上のキッチン面材や浴室のパネルをご用意しています。今ならこうしたお色が選び放題です。

設備も上層階にはミストサウナがあったり、限定でIHコンロの部屋や戸建て用にしか供給されていない人工大理石シンクやひろまるコンロの彩コーデシリーズを導入したりと、賃貸でも心豊かに暮らしていただける住空間を目指しています。

個人事業主の方の職生活に合わせた、オーダーメードのプランをご提案します。

シェアオフィス

SOHO烏丸は個人事業主の方や小規模事業者の方の仕事の仕方や生活習慣に合わせて、その方だけの住居と事務所のプランをご提案します。

大型賃貸マンションであるSOHO烏丸には全13タイプの住居があります。広さは40㎡~97㎡まで、ご自身のライフスタイルに合わせて、ご希望の広さを選べます。独立した1室を玄関近くに設けている部屋が多く、その部屋を仕事部屋にすればプライベート部分を来客に見られることはありません。同じマンション内に様々な広さの部屋があるので、ご自身のライフステージに合わせての住み替えも可能です。

また来客が多い方や従業員を雇っている方で、プライベートと仕事場を完全に分離したいという場合には、上層階の部屋は通常の居住スペースとして使用し、マンション1階のスモールオフィスを別途借りるということも可能です。夜遅くに急な仕事が入っても、部屋着のままオフィスに直行することが出来ます。忙しい個人事業主の方にとって、通勤時間を節約するメリットは計り知れません。

スモールオフィスまでは必要ないが、気分転換のためにもやはり住居と仕事場を分けたいという方のためには、隣接するビルで展開する京都いのべーしょんオフィスの施設と組み合わせていただくという選択肢もあります。こちらには割安なスモールオフィス、シェアオフィス、固定席があります。平日午前9時から午後6時までシェアオフィスを利用できるデイタイムプランを、今なら全入居者にお付けするキャンペーンを展開中です。

起業された後、右肩上がりに業績が伸びれば素晴らしいですが、事業には伸び悩む時や不幸にも後退してしまう時もあります。しかし、そんな時にもSOHO烏丸なら京都いのべーしょんオフィスとの組み合わせで、皆様の事業ステージに合わせて様々なプランをご提案できます。スモールオフィスを解約してシェアオフィスに移行されても、会社住所は変わりません。また一時的に従業員を増やされる様な場合にもシェアオフィス利用で柔軟に対応できます。

皆様の事業の規模や状態の変化に合わせて、その方だけのオーダーメードのプランをご提案しますので、オフィスをどうするか、住まいをどうするか悩んでいらっしゃる方は是非一度ご相談にいらして下さい。

SOHO烏丸のコミュニティーを一緒に作り上げていきませんか

SOHO烏丸のサービスはまだはっきり決まっていません。。

京都いのべーしょんオフィスの受付が月曜日~土曜日の午前9時から午後6時まで常駐していますので、いろいろなサービスをご提供しようと考えていました。でも入居者の方々がどんなサービスを望んでおられるのか、正直なところ現時点ではわかりません。

そこでこれから入居を決めて下さる方々に、どんなサービスを提供して欲しいのか提案していただきたいと思います。

大型分譲マンションのコンシェルジェなどでよく提供されるサービスは、宅配便、クリーニング、ケータリング、タクシーの手配などです。でもSOHO烏丸はビジネス街にありますので宅配便屋さんは常に通りを走り回っていますし、宅配ボックスも完備しています。タクシーも烏丸通りまででれば簡単につかまります。レストランも周りにいくらでもありますし、デパ地下も徒歩圏。こうしたサービスにそれ程のニーズがあるとも思われません。

今思い浮かべているサービスは忙しいビジネスマンに向けたサービスです。例えば出張の多い方の新聞や郵便物のお預かり、東京在住でセカンドハウス的に借りて下さっている方に郵便物の転送とチラシの廃棄、家事をするひまのない方々に対する家事サービスなどです。

皆様はどんなサービスを提供して欲しいですか? SOHO烏丸は入居者の皆様と新しいコミュニティを作り上げていく、新しいタイプの賃貸マンションを目指しています。

soho烏丸へ入居申し込み受付。京都府京都市中京区蛸薬師通烏丸西入橋弁慶町224。soho烏丸。TEL:075-221-0861


ページトップへ戻る