サービス-京都で事業が可能な賃貸マンションはsoho烏丸へ

sohoオフィスなら京都のオフィス街にあるSOHO烏丸をどうぞ!住まいは京都烏丸。夢のような暮らしが実現します!通勤0分。京都に唯一無二の空間。SOHO烏丸

震災対応マニュアルを作成しました

東京での管理業務研修に参加したところ、東京の方々は京都に比べて防災意識が高いことに気付かされました。

京都ではまだ震災対応マニュアルを作成しているマンションは少ないのではないかと感じますが、せっかくマニュアル作成の必要性を認識する機会を得たので、SOHO烏丸用に作成してみました。

そして気付いたことが大きく2つ。まずは、SOHO烏丸には備蓄倉庫というものを設けておらず、食糧や水を全く保存していなかったこと、ヘルメットなどの防災備品も限られた数しか用意していないことでした。食糧や水の保存は場所をとりますし、消費期限が来れば買い替えも必要となります。賃貸マンションでは、なかなか入居者全員の3日から1週間分の量を用意することは難しいです。しかし、SOHO烏丸が隣接している京都芸術センターの体育倉庫には明倫防災備蓄倉庫があり、そちらからある程度の必需品は分けてもらえるのではと思います。とはいえ、マンション内にもせめて水は用意した方が良いと思いますので、今後場所を確保して備蓄に努めたいと思います。

もうひとつ気付いたことは、SOHO烏丸は防災対策を計画しやすいマンションであったことです。まず設置が必要な対策本部は、普段入居者の方々にお使いいただいている1階奥の共用ホールに、丁度椅子や机もあり、簡単に設置出来そうです。連絡に必要なホワイトボードもホール前に普段から設置しています。また、高層階にお住いの高齢の方や怪我をされた方が避難される場所としては、1階の会議室を有効活用出来そうです。20㎡と程よい広さがあり、中から施錠も出来ますので、停電時でオートロックが機能しない場合でも、避難された方々に夜間も安心してお休みいただけます。

さらに、SOHO烏丸では太陽光発電による電源をひとつ確保しています。大勢の方にお使いいただくことは難しいですが、緊急時にひとつでも電源があることは心強いです。また、管理人室の電話はアナログ回線を引いていますので、停電しても電話回線さえ繋がっていれば、電話を使用することが出来ます。さらに現在SOHO烏丸の入居者に医療関係の方も多く、いざという時には心強い要因だと感じました。

東日本大震災後に東京圏で建築された大型マンションの防災設備には遠く及ばないと思いますが、京都の賃貸マンションとしては、SOHO烏丸は防災設備が整っている方だと思います。今後は少しずつ、備品や水などを買い揃え、入居者の方々に安心してお住まいいただける賃貸マンションを目指して参ります。

 

 

 

 

エントランスの生花を再開しました。

暑い夏の間は造花を飾っていたマンションのエントランスですが、大分涼しくなって来たので今月より生け花を再開しました。

お花はいつも六角堂の花市さんにお願いしております。今回も菊を始め、秋らしい花々を生けていただきました。

都会暮らしをされているSOHO烏丸入居者の方々に四季を感じていただければと思います。

 

 

管理人さんがSOHO烏丸での勤務を開始しました。

9月よりSOHO烏丸に管理人さんに来ていただいています。

曜日は月曜、火曜、木曜、金曜、日曜日の週5日、時間は午前9時から午後3時までです。今までも入居者アンケートで掃除は行き届いているとの評価をいただいていました。しかし、今の季節、朝掃除しても午後には近隣の木々の落ち葉がエントランス前に散らかっていました。でも今は、午後にも再度掃除していただけるので、あまり落ち葉も気にならなくなりました。

 SOHO烏丸には一人暮らしの方も多くお住まいいただいているので、エントランスに人がいるというのは安心です。今までは鍵を持たずにゴミ出しや買い物に出てしまい、部屋に戻れなくなった入居者の方が時々いらっしゃいました。仮に他の入居者の方にエントランスを通してもらっても、SOHO烏丸はエレベーターが居住階コントロールなので、同じフロアの方としかお住まいの階に上がれませんでした。でも今は、少なくとも管理人さんがいらっしゃる時間帯なら、居住階までエレベーターで連れて行ってもらえます。

 また、きちんと分別出来ていないごみを分別したり、そのまま捨てられているペットボトルを潰して小さくしたり、手前のごみを奥のコンテナに移動してごみを出しやすくしたりと、入居者の方々のごみ出しにも配慮してもらっています。管理人さんは台風の前には各フロアの廊下の窓を閉め、天気が回復したら窓を開けたりと、こまめに動いて下さいます。やはりマンションに常に人の目が行き届くというのは有難いことです。

 

共用部には毎日新聞を置いています

 新聞 ホール2

SOHO烏丸では1階共用部ホールに毎日、新聞をセットしています。

置いている新聞は事業者の方には必須である日本経済新聞と、地元の情報満載の京都新聞の2紙です。

SOHO烏丸の入居者には、週末には家に戻られる単身赴任の方々や出張が多く留守がちの方々がいらっしゃいます。新聞はビジネスマンには必須のアイタムですが、留守がちの方が購読されるとポストに新聞が溜まって留守がばれてしまったり、長期出張の前にわざわざ新聞販売店に連絡して配達を止めるのが面倒だったりします。

朝早く出勤される方が多いので出勤前にお読みいただくのは難しいかもしれませんが、1週間分をホールに置いていますので、週末にまとめて目を通していただくことは出来ます。

また1階スモールオフィスや低層階で事務所としてご利用いただいている入居者の方の中には、出勤後新聞に目を通している方もいらっしゃいます。

ホールには情報誌なども置いていますので、お客様とお待ち合わせの際などのひまつぶしにもご利用下さい。

季節を感じる、花のある生活

エントランス 

SOHO烏丸のエントランスには、秋から春にかけてはなるべく生花を飾る様にしています。殺風景になりがちな都会の生活の中で、出来るだけ季節を感じていただきたいとの願いからです。

花1602花1703

1603花1504

 

当マンションが山鉾町に位置していることもあり、祇園祭の際には祭にちなんだ檜扇を飾ったりも致しました。

花1707

秋は京都らしい落ち着いた感じにします。

花1510花1710

お正月には華やかさを演出する様にしています。

花1701花1512

 

soho烏丸へ入居申し込み受付。京都府京都市中京区蛸薬師通烏丸西入橋弁慶町224。soho烏丸。TEL:075-223-1122


ページトップへ戻る